みんなの意見を反映する会議の開催

部会・委員会・活動計画の策定

部会

次の4つの部会を置き、部会員相互の連絡を図り、共通の事項を協議研究しています。

  • 民生委員児童委員部会・・・地区民生委員児童委員協議会の代表で組織
  • 施設部会・・・社会福祉法人及び施設の代表で組織
  • 団体部会・・・社会福祉団体及び社会福祉関係団体の代表で組織
  • 地域部会・・・地区社会福祉協議会及び地区自治会連合会の代表で組織

 

経営委員会

社協の組織、財源計画、事業の企画・立案等について、総合的な見地から協議・研究するために構成されています。(委員数5名以内)

 

生活福祉資金貸付調査委員会

生活福祉資金(更生資金(生業費)、住宅資金)の貸し付けの際に、借受人の状況や事業・返済の計画等が適切かどうかなどを審査するために構成されています。

 

はだの福祉基金管理運営委員会

基金の適正な管理、運用を図るために構成されています。(委員数10名以内)

 

日常生活自立支援事業契約締結審査会

日常生活自立支援事業の運営や、利用者の契約能力の審査などを行うために構成されています。(委員数5名)

 

法人後見事業運営委員会

市社協が法人として後見受任者となる「法人後見事業」への助言や後見受任の適否などの審査をするために構成されています。(委員数6名)

 

第三者委員会

福祉サービスの利用者からの苦情を適切に解決するため構成されています。(委員数3名)

 

地域福祉連絡会

地域福祉活動と福祉サービスの実践者を中心に組織し、それぞれの情報や活動上の課題等を持ち寄り、継続的に地域の福祉課題を共有化するための連絡会を開催しています。

また、この連絡会で、地域の福祉課題解決に向け、プロジェクトチームを組み、具体策の検討及び実践活動を行います。

 

補助金審査委員会

福祉団体等への補助金の交付について公平性、透明性など、基準や根拠を明確にするため審査委員会を開催します。(委員数3名)

 

地域福祉活動計画の策定と進捗管理

「地域福祉活動計画」は、住民の福祉ニーズを明らかにし、民間サイドでニーズの解決に向け自発的に行う活動や、住民の福祉問題に関する関心を高め福祉活動への参加促進を図る等、地域福祉計画で民間の役割とされることについて、具体的・計画的に推進していくため市町村社協が策定する計画です。

今年度は、現行の「秦野市社協地域福祉活動計画」の進捗管理のための秦野市社協地域福祉活動計画推進委員会を開催し、併せて次期活動計画の策定(活動計画策定員会の立ち上げ・市民意識調査等の実施)にも着手します。

 

〒257-0054 神奈川県秦野市緑町16-3

秦野市保健福祉センター内

TEL:0463-84-7711(代表)

ヘルパー事務所直通:0463-83-4032

総合相談センター直通:0463-83-2751

FAX:0463-85-1302

メールアドレス:

shakyo@vnhadano.com

 

市社協Twitterへはコチラから!  

サイト内検索